わかりやすい漢方の話

北九州市小倉の相談薬局大門薬品の管理薬剤師篠原艶子が漢方・薬膳・アロマ・養生で健康な毎日をつくるお手伝い、さまざまな不調を改善するヒント。

夏に起こりやすい症状と夏が旬の食材:その2


    夏野菜

 ☆寒凉性の食材で熱を冷ます
    
 夏は心の高ぶりを抑えるためにも、体内の余分な熱を冷ます苦味や、寒凉性の食べ物をとるようにしましょう。

 また、キュウリや冬瓜、スイカなどの瓜類をはじめとする旬の夏野菜や果物は、水分たっぷりでみずみずしく、体のほてりを冷まして、のどの渇きを潤すのに最適です。

 汗とともに失ったミネラルの補給源にもなります。

 ただし、冷たい飲み物や果物、生野菜などのとり過ぎは、胃腸を冷やして消化能力を低下させ、食欲不振や疲労、だるさなどを招いて、夏バテの一因となります。

 体のほてりは冷ましながらも、胃腸は冷やしすぎないよう、生姜やシソ、ニンニクなどの体を温める辛味の薬味をほんの少し添えると、バランスがよくなります。

 これら辛味の薬味は殺菌作用にも優れ、夏や梅雨時期の食中毒の予防にも役立ちます。

 爽やかな香味は、暑さで低下した食欲も増進し、消化も促進してくれます。

    大門薬品のHPはコチラ https://www.daimonpharmacy.com/

夏に起こりやすい症状と、夏が旬の食材:その1

☆心の負担が大きくなる夏
 
  中医薬学では、夏になって気温が上昇し、湿度が高くなると、心に負担がかかると考えられています。

  自然界と同じように、夏は気(生命エネルギー)の力が最も強くなる季節ですが、それに伴って心の働きが高ぶり、オーバーヒートしやすくなるからです。

  私たちの体は、暑くなると汗を出して体内の余分な熱を逃がし、体温を調節するようになっています。

  しかし、汗は血液中の水分とミネラル分も一緒に排泄してしまうため、血液の濃度は高くなり、ドロドロと流れにくい状態になります。

  汗をかけばかくほど体温は下がって涼しく感じられますが、一方で心臓は、流れにくい血液を全身に運ぶために、フル回転しているわけです。

  心がオーバーヒートするために、夏は不整脈や動機、息切れ、不眠、動脈硬化などを起こしやすくなるのです。

  ひまわり

     大門薬品のHPはコチラ https://www.daimonpharmacy.com/

毎日の食事で、さまざまな不調を改善:海苔

☆「海苔」・・・水の調子を整え、せきや痰をしずめる・・・栄養の宝庫で、ミネラルがたっぷり
     ・・・五性:寒、五味:甘・鹹

   海苔



 海苔の原料となるアマノリ類には、良質なタンパク質が多く含まれ、カルシウム、鉄などのミネラルやカロテンも豊富です。

 美肌作りに良いとされる、ビタミンA,E,Cも多く、抗酸化作用によって、がん予防の効果も期待できます。

 水の巡りを改善する利水効果があり、むくみを改善します。

 また、青ノリにふくまれるメチオニンは、ニコチンの害を和らげる効果があります。

 
 《主な効能≫

   のどをすっきりさせる
   せき・痰・吐き気などの改善
   消炎・解熱
   むくみなどを改善
   
   
  大門薬品のHPはコチラ https://www.daimonpharmacy.com/
ギャラリー
  • 夏に起こりやすい症状と夏が旬の食材:その2
  • 夏に起こりやすい症状と、夏が旬の食材:その1
  • 毎日の食事で、さまざまな不調を改善:海苔
  • 毎日の食事でさまざまな不調を改善:タコ
  • 毎日の食事で、さまざまな不調を改善:タイ
  • 毎日の食事でさまざまな不調を改善:サンマ
  • 毎日の食事でさまざまな不調を改善:サケ
  • 毎日の食事でさまざまな不調を改善:昆布
  • 毎日の食事でさまざまな不調を改善:カキ(牡蠣)